カードローンと消費者金融の違い

Posted By on 2014年11月27日

銀行カードローンと消費者金融のキャッシングの違いは銀行は審査がきびしく時間もかかり、消費者金融は審査がはやく、とおりやすいといったところあります。
銀行カードローンの審査は銀行独自の審査基準があり、それぞれの銀行によって審査内容がちがいますが、一般的に消費者金融にくらべ、金利が低いため貸し倒れが発生すると大きな影響を受けるので慎重に審査をおこないその為に時間もかかってしまいますが、銀行を利用したキャッシングということで安心感もあり、総量規制の融資は年収の3分の1以内といった制限を受けることがなく、審査に通れば年収の2分の1ちかくまで融資を受けられます。
消費者金融は小口金融ということだけで営業を続けているため、これまできずきあげた小口金融に対するノウハウやシステムを使い、審査を早く終わらせる体制を作り上げていることや、審査内容が銀行に比べて少しあまいといったことから即日融資を受ける可能性もたかくなっています。
デメリットは銀行の低金利に対して消費者金融の金利は高いところがデメリットといえますが、消費者金融は少しでも多くの人に利用してもらわないと企業として成り立ちません、そのために貸し倒れがあったときのために金利を少し高くし、貸し倒れがあったときの保全策として金利が高く設定されています。
安心感と低金利で選ぶなら銀行カードローンで、即日融資を受けたい人や銀行で融資が通らなかったなかったひとは消費者金融をえらぶことが考えられます。