車でお金を借りる

Posted By on 2015年3月28日

車でお金を借りると聞くと、ドライブスルーのように車に乗ったまま融資を受けることをイメージされる方も多いかもしれませんね。しかし通常「車で融資」「乗ったままで即日借り入れ」といった広告や看板などを見かけるのは、車を担保にしてお金を借りるという方法なのです。
簡単にお金を借りる 銀行融資できると喜んでしまいそうですが車を担保にしてしまうということには多くの問題があります。まずその車を担保にするといっても、評価が大きく違ってくるということになります。車に傷がある、修復歴があるなど少しでもコンディションに問題があれば借り入れできる額が少なくなってしまうということになります。
そして何より、返済できない状態に陥ってしまった時にどのようになるのか、これを考えてみると利用しないほうが賢明ということはわかるでしょう。返済できない時にはもちろん担保とした車によって支払うということになるのです。通勤などで車を使っている方、車がなくては生活に支障が出るといった方なら車を担保にするということはまず不可能なことでしょう。
お金が必要な時には、簡単により早く借りられる方法を選びたくなるものです。その方法が法に反していなくても、金利の点に問題を感じることもあるでしょうし、車を担保にすることのように暮らしに問題が出てくることもあります。担保があるから借りやすい、金利が低くなると安易に考えてしまわず担保を入れることによって起こるリスクをしっかりと考慮することが大切です。
車などを担保にしたくない、できないという場合に限らず今では無担保でも低金利のローンがたくさんあります。銀行カードローンや消費者金融のカードローンなども無担保ローンの中でも申し込みやすく、すぐに借りられるおすすめ商品です。看板などで見かけて即借りようとしてしまうのではなく、ネットなども使って様々な借り入れ方法を探してみるのも良いでしょう。借り入れ時には安全な金融機関や業者から安心して借りられるということも優先していただきたいのです。

キャッシングをして返済が滞ると自宅や会社に連絡が来るってホント?!

Posted By on 2015年3月22日

皆さんは、カードローン ランキングからのキャッシングを使ったことはありますか?現在の日本では、およそ7人に1人が、消費者金融のキャッシングを利用している、またはしたことがある、のだそうです。これだけ身近になった消費者金融。システムもどんどん便利になっていて、ますます利用者の増加が期待されます。
一昔前までは、「サラ金」「マチ金」と言われ、イメージも悪く、利用者も限られていました。金利も高く、強引な取り立てに悩み、まさに「サラ金地獄」にはまってしまう人が少なくありませんでした。手続きも店舗に出向き、“恐いお兄さん”との対面式の契約を行わなくてはなりませんでした。
しかし、現在の消費者金融は全く違います。イメージもよく、申し込みも無人契約機やインターネットでできます。面倒な対面式の手続きは必要ないのです。借入も返済も最寄りのATMからできますので、誰にも知られずに、簡単に借金ができます。金利についても、法律が整備され、借入がしやすくなっています。
こうした便利さゆえに、利用者がどっと増えたのです。しかし、あまりに簡単にキャッシングができるので、過剰に借入たりして返済ができなくなってしまうケースが増えています。
返済ができなければ、当然督促がきます。まずは携帯にかかってくるでしょう。それでも応じない場合には自宅や会社に連絡がいきます。個人以外に連絡する場合には消費者金融側が自社の名前を利用することはありませんが、不審な電話になることは覚悟しましょう。借りたお金はきちんと返すことをおすすめします。

クレジットカードのキャッシングの利子はショッピングの利子より高いの?

Posted By on 2015年3月22日

クレジットカードは現代人の生活にはなくてはならない存在です。日本でも多くの利用者がありますが、海外ではその利用率はさらに高まります。
アメリカでは、クレジットカードの支払いが主流です。スーパーでの買い物にもほとんどに人がクレジットカードでの支払いですので、現金での支払いを行い、時間が掛かってしまう人は逆に目立ってしまうほどです。また、日本では、デビットカード(銀行口座から直接引き落としがされるシステムのカード)はあまり利用していないと思います。しかし、アメリカの銀行口座でキャッシュカードを作ると、デビット機能は自動的についてきます。それほど、現金での支払いの場が少ないということです。
クレジットカードはホントに便利ですよね。ショッピングローンは、翌月一括払いなら利子は付かず、その上、ポイントまでついてきます。ポイントは貯まれば、様々な景品やポイントマネーとして利用できます。
また、もう1つ、キャッシングという機能もついていますが、こちらを利用されたことはありますか?ショッピングローンはよく使うと思いますが、キャッシングはあまり利用されていないようです。
しかし、キャッシングは海外で利用すると、結構お得だってご存知でしたか?現金の引き出しは直接現地通貨でできるし、手数料なども考えると、料金的にもお得です。しかし、キャッシング ランキングの場合は、利子が借りた1日目から発生するし、利子もショッピングローンの利子より高く設定されているので、余裕ができたら、すぐに一括返済することをお勧めします。

キャッシングの返済方法〜1〜

Posted By on 2015年2月7日

キャッシングの返済方法といえば、一昔前までなら毎月決まった日に口座から引き落とされる、もしくは窓口で返済するというのが一般的でしたが、最近は、口座引落し、窓口、自社ATM、コンビニなど提携ATM、インターネットを利用して返済するなど様々な返済方法を用意する金融機関が増えました。

コンビニATMなどたくさんの提携ATMがある、インターネットから振込返済できるようになったことで返済日に慌てて口座に入金しに銀行に出向く必要もなくなった&24時間返済できるATMが増えたことで返済遅れがなくなった、と喜ばれている方も多いです。

また、手数料無料で入出金出来るコンビニATMと提携する大手消費者金融や銀行が増えていること&インターネットを利用して特定の銀行口座から振込みを行なうと手数料がかからないという金融機関も登場してきたなど利便性が向上したことで、ユーザーは益々便利にキャッシングサービスを利用することが出来るようになりました。

手数料無料のATM・インターネットを利用しての返済は定期返済だけでなく臨時返済・繰上げ返済・一括返済の時にも利用できるので余裕が出来た時ので、ちょっと返済しよう、という時にもとっても便利。

返済のたびに108円、216円と手数料がかかるとなると借入残高や返済額によっては利息以上に手数料がかかってしまうこともありますが、手数料無料であれば1,000円ずつでも臨時返済していけば利息のシェイプアップに繋がるので助かる、というものです。

友人からお金を借りる

Posted By on 2015年2月3日

お金に困った時に、友人からお金を借りる、という方もいることと思いますが「金の切れ目は縁の切れ目」ではありませんがきちんと返済しなくては今まで築き上げてきた信頼関係を損ね、ギクシャクしてしまう、いつまでも返済しないでいると亀裂が生じてしまうので注意が必要です。

「今月は飲みすぎた」「給料日までちょっと足りない」「冠婚葬祭など交際費が嵩み生活費が足りなくなってしまった」などといった理由から数日間だけお金を貸して欲しいと友人にお金を借りることもあるかもしれませんが、金額が数千円、数万円程度であれば契約書を作成する方は少ないと思います。

おそらく「お金を貸して欲しい」とお願いされた友人も数千円~数万円、しかも数日間だけ貸すのであれば信用貸し、ということで借用書を作って欲しいとはいわないと思います。

また、「年利〇〇、〇%で貸すよ」という友人もまずいないでしょう。

ですが、借りたお金は友人であっても返すのは当たり前のことですから、例え口約束であっても「〇月〇日に返す」といって借りたのであれば約束の日に返す、分割払いで「毎月〇日に△万円ずつ返す」といって借りたのであれば毎月指定日に指定額返さなくてはなりません。

友人だから少しくらい遅れても待ってくれるだろう、など甘い考えで「ちょっと待って」も言わずにいつまでも返済しないでいるとそのうち催促されることになるでしょうし、信頼できない、お金にだらしないと思われてしまうので注意が必要です。

おまとめローンを利用するとほんとうに返済は楽になる?

Posted By on 2015年2月3日

複数借金のある方が、借入先を一つの金融機関でまとめることで返済負担が楽になるというおまとめローン。ネットの広告などでもよくみかけますよね。でもおまとめローンはほんとうに利用したら返済が楽になるのでしょうか?

まとめるだけで、何が変わるのでしょうか?

おまとめローンのメリットとしては、小額ずつの債務を一つにまとめることで、金利が低くなる可能性が高いことです。

小額の借入れですと、大体が上限金利の適用になりますよね?

今よりも金利が低いローンでまとめれば効果はさらに高いですが、金利が高めな消費者金融のおまとめローンを利用したとしても、一般的に借入れ額が大きければ適用される金利は低くなると言われていますから今よりも低い金利が適用される可能性は高いのです。

金利が低くなれば、利息負担額が減りますから月々の返済負担も減るわけです。

また、月に何度も返済日がありますと、それだけお金の管理が大変になりますよね。

自動引き落としにしておくにしても、もしうっかり口座残高が足りなかったら、なんてこともありますしそれが月に3回、4回とあるとなるとそれはもうたいへんです。

返済日が一日にまとまれば、そうした悩みからも解放されます。

また、あまり知られてませんが、おまとめローンはカードローンなどと比べると最長返済期間が長いのです。

カードローンは最長返済期間が特に設けられているわけではありませんが、大体長くても5年くらいを目安に完済できるようローンが組まれています。

一方おまとめローンはというと、最長返済期間は10年ほどで設定されています。

もともと最長でも5年で返済だったものがもっと長い期間掛けて返済してもいい、ということは、月々の返済額が減るということです。今の返済額が負担になっている、という方にとって、これはかなり楽になりますよね。

ただし、デメリットもあります。返済は楽にはなるのですが、返済期間を長くすればそれだけ支払うこととなる利息も大きくなり、総返済額が前よりも増えるということになってしまいます。

返済が楽になるというメリットは確かにありますが、長い目で見たときには損ですよね。しかしこのデメリットは、ボーナス月など余裕のあるときに繰上返済をしていけばリカバリーできる部分ではあります。

アコムのおまとめローンを利用の際は、このような点に留意して申込をしましょう。

総量規制と年収証明の関係

Posted By on 2015年1月27日

総量規制の制度導入に伴い、年収の3分の1を越える貸出を行うことが禁止されました。その為、貸金業者は、申込者の現在の借入と、年収を合わせて確認する必要があります。

現在の総量規制対象外のローンについては、個人信用情報を利用して行います。貸金業者は、個人顧客から新規貸出の申込を受付すると、指定信用情報機関が保有する個人信用情報に照会を行い、他の貸金業者からの借入残高を調査する必要があります。

また、利用者とリボルビング契約を契約した場合、1ヶ月の貸付残高の合計額が5万円を越え、かつ貸付残高が10万円を越える場合には、同様に残高を調査しなければいけません。

さらに、貸付残高は10万円を越える場合には、3ヶ月に一度残高を調査する必要があります。

次に、以下の場合には、「年収を証明する書類」により、利用者の年収を確認しなければいけません。

  • 貸金業者から50万円を越える借入がある場合
  • 他の貸金業者からの借入を合わせて100万円を越える借入がある場合

「年収を証明する書類」については、法令上で以下の書類が定められています。

  • 源泉徴収票(直近の期間に係るもの)
  • 支払調書(直近の期間に係るもの)
  • 給与の支払明細書(直近の2カ月分以上(地方税額の記載があれば1カ月分)のもの)
  • 確定申告書(直近の期間に係るもの)
  • 青色申告決算書(直近の期間に係るもの)
  • 収支内訳書(直近の期間に係るもの)
  • 納税通知書(直近の期間に係るもの)
  • 納税証明書(直近の期間に係るもの)
  • 所得証明書(直近の期間に係るもの)
  • 年金証書
  • 年金通知書(直近の期間に係るもの)

なお、複数年を通じて年収を換算する場合(個人事業主など)は、複数年(通常は3カ年分)が必要となります。

バンクイックはファミリーマートでも借りれる?

Posted By on 2015年1月21日

寒い冬、コンビニのおでんをふと食べたくなりますが、ファミリーマートといえば、おでんに麺類を入れられることでも有名ですよね。仕事帰りに小腹が減ったとき、ちょっと寄って買っていきたくなってしまいます。

そんないつも利用しているファミリーマートで、キャッシングも済ませられたららくちんですよね。

カードローンでコンビニATMと提携しているところは多いですが、ファミリーマートで利用するにはイーネットというATMが提携先に入っていなければいけません。

セブン銀行ATMがセブンイレブンに入っているように、イーネットはファミリーマートやサンクス、スリーエフ、デイリーヤマザキなどなどのコンビニやスーパーなどに設置されています。

最近人気を集めているカードローン、バンクイックの場合はどうでしょうか。バンクイックの提携先は、三菱東京UFJ銀行ATMはもちろんのこと、セブン銀行、ローソンATM、そしてイーネットも提携していますのでファミリーマートでバンクイック利用可能となっています。

これはファミマユーザーにとってはうれしいですよね。
いつもコンビニで銀行の預金からお金を引き出すのと同じように、手軽にキャッシングができてさらに返済もできる。

そして、バンクイック<のメリットはATM手数料が無料ということ。自分の預金を下ろすのには手数料がかかったりするのに、バンクイックでお金を引き出すのにはかかりません。

夜間・土日も利用可能ですので夜中に小腹が減っておでんラーメンを買いにいったときにも手軽に利用できますよ。

消費者金融のキャッシングカードを作る

Posted By on 2015年1月14日

消費者金融のキャッシングの申込方法として、インターネットを使った申込方法が主流になってきていますが、口座への振込などは銀行の営業時間で左右されるのでカードを使ったキャッシングは今でも多く使われています。

大手消費者金融のカードを発行してもらうためには、店舗窓口や無人契約機から申込みをし、審査を受けてカードの発行をしてもらったり、インターネットから申し込んだ後カードを郵送してもらって使用するという方法になります。

中でも多く使われるのが無人契約機で、店舗に設置されているブースに入り、無人契約機の前に座って申し込みスタートというようなタッチパネルを押すとオペレーターから説明があるのでそれを聞き、申込用紙に必要事項を記入し、記入した申込書と事前に用意した本人証明書類をスキャナーに読み込ませるとオペレーターから何点かの質問があるのでそれに質問に答えていきます。

不安なことや気になることなどがあれば備え付けの電話を使って何でも相談できるので安心して進めることができます。

つづいて本審査が始まり、在籍確認などがおこなわれたあと審査にとおれば審査結果や融資限度額が伝えられるので内容に問題がなければ契約書にサインをし、スキャナーで送信すればすべて完了で、あとはカードが発行されるのでそのカードを使い、ATMからお金を引き出せます。

キャッシングカードを1枚持っていれば提携コンビニATMなどから24時間いつでもお金を借りることができたり、いつでも返済が可能になります。

消費者金融の借入履歴って残るの?

Posted By on 2015年1月6日

現在の消費者金融は、CMなどの効果もあり、簡単にお金を借りることができ、身近な存在として定着しています。さわやかな女性定員のイメージキャラクターや親しみやすいお笑い芸人などのイメージキャラクターが功を奏し、このようなイメージが定着しているのでしょう。
しかし、消費者金融がお金を借りるところであることはまちがいありません。変わらず、審査は行われるし、お金を借りれば当然利子も付きます。きちんと返済しなければ、取り立て行為は免れません。
簡単にお金を借りることができますが、その借入履歴は全て記録として残ります。何月何日にいくら借りて、いつ完済できたのか、また延滞や滞納履歴も全て記録されます。その情報は信用情報機関で保管され、次にあなたがお金を借りる際の審査に利用されます。延滞や滞納も数が多ければ、いわゆるブラックリストに載るといわれています。このリストに載ってしまえば、まともな消費者金融からの融資は受けられないものと覚悟しましょう。
反対に金銭トラブルがあるにもかかわらず、融資をするというところが存在するならば、それはまともな消費者金融ではありません。ヤミ金からの融資は絶対に受けるべきではありません。返済できずに大変な目に合うことになります。絶対にやめましょう。
消費者金融はさっと借りてすぐ返すのが一番です。早期完済をすれば、高めの利子でもそれほど負担にはなりません。延滞や滞納を繰り返してブラックリストに載るよりは、ずっといいですよね。>>借入ランキング